2017年5月30日火曜日

【TORCH Vol. 095】  1ミリの努力


1ミリの努力』

 

菅野 恵子

 

私は幸いなことに、大学卒業後もバスケットボール競技を続けられる環境にいました。バスケットボールを本格的に始めたのは、小学4年生のころです。そのころから、(いつか指導者になりたいな…)と思っていたことを思い出します。

現役中は、指導者やチームメイトに恵まれ、何度か日本一を経験することもできました。引退を決めたのは、今から5年前。その後、所属していたチームのアシスタントコーチを務めることになりました。

それからチームを離れ、現在は大学で指導者として、チーム携わることができています。これまでの経験からコーチングを行っていますが、なかなかうまくいかないことを実感しているのも事実です。19年間も選手をしていて、ある程度高いレベルのバスケットボールを経験してきたのに、立場が変わると、こんなにも変わるものかと痛感しています。上手くなる、強くなることが、簡単ではないことがスポーツの面白さであることは理解しているつもりですが、未だに(自分がやっていた方が楽だな…)なんて思う時があります。勝てそうな試合に勝てないもどかしさは特に、選手の時とは違った感情になります。

 

指導者になってから、以前お世話になったチームの監督から、一冊の本を紹介されました。井村雅代さんの「結果を出す力~あと1ミリの努力で限界を超える~」という本です。既にご存知の方が殆どだと思いますが、井村さんは日本のシンクロナイズドスイミングの日本代表監督です。

 

その本の冒頭、『大切なのは「心の才能」を鍛えること』と書いてあります。井村監督は物事がうまくいかなかったら、心の中で「自分は頑張ったつもりだったけれど、きっと努力が足りなかったのだ。もっと頑張ろう。もっと努力しよう。」と思えるかどうかが大切で、これを「心の才能」と呼んでいるそうです。その「心の才能」で、1ミリでもいいから前に進む努力を続けることができるかどうかが一番大切だと述べています。この本には、井村監督が「心の才能」を伸ばすために何度も選手に言い聞かせてきた言葉の紹介がされています。

 

以下は、この本に書かれている「心の才能」を伸ばすべく「心のスイッチ」をいれた30の言葉の一部です。

 

    自分の取れる“一番”を取りにいくことが大切

~浮いてしまうことを怖がってはいけない~

    結果が出てこそ初めて、頑張った日々も輝く

~「私はがんばりました」は言い訳でしかない~

    「できない」わけがない。なぜなら「できるまでやる」から

~できる人が寝ている間に、できない自分が寝ていたら駄目~

    1ミリの努力」を出来る人が結果をだせる

~小さな目標をクリアすることの大切さ

    チームのレベルは、中間ではなくトップに合わせる

~各自が100%以上の力を発揮する秘訣~

    チームワークという言葉ほど、手抜きの人間を生み出す言葉はない

~レベルの低い絆は、傷の舐め合いでしかない~

    練習で100回やって99回できても、できなかった1回がでるのが本番

~オリンピックに魔物は棲んでいない~

 

ここに挙げた、たった7つの言葉からも、井村監督の厳しさがみえてくると思います。さらにこの本には、言葉に加え、一つ一つに説明や井村監督なりの根拠が載っています。

私が一番衝撃を受けたのは、上に載せた③の「できない」わけがない。なぜなら「できるまでやる」からという言葉でした。以下は、それに対する一文です。

 

『シンクロで、一糸乱れぬ演技を見た観客の方が、皆さんこうおっしゃいます。「なぜあんなに動きがぴったりと合うんですか?」答えは一つです。合うまで練習するからです。できないわけがないのです。なぜなら、「できるまでやる」からです。人生は、うまくいかなくて当然。壁にぶつかって当然。だから、できるまで努力するのです。』

 

競技は違いますが、今まで、これだけの覚悟で競技に向き合っていたのか、選手としても指導者としても、「できない」という選択肢を作らず、「できるまでやる」という、気持ちで取り組んでいたか…考えさせられました。

 

また、⑥に挙げた、「チームワークという言葉ほど、手抜きの人間を生み出す言葉はない」という言葉だけを見ると、私と正反対な考え方だなという印象を受けました。しかし、読み進めると、井村監督の言葉の意図が分かります。“失敗しても誰かが助けてくれるだろう”とか、“周りの人が自分の短所を補ってくれるから、私はこのくらいの力で大丈夫”という、中途半端な個人の集まりのチームワークは手抜きの人間を生み出す。しかし、個人個人が今ある力を出し切った先の、“レベルの高いチームワーク”であれば必要だということでした。しかし、指導にあたった大半が、甘えの先のチームワークに逃げ場所を作っているため、この言葉をかけていたようです。

 

バスケットボールには、チームワークは欠かせません。逃げ場となるチームワークではなく、“レベルの高いチームワーク”を追い求めたいと強く思いました。

 

私の中の井村監督の印象はテレビを通して、「厳しい」「怖い」「スパルタ教育」などでした。本を読んでもその印象は変わりません。しかしこの本を読み、むやみやたらに厳しいだけではなく、本気で選手に向き合い、勝つための努力を惜しまず、挑戦しているのだと分かりました。

 

全く同じようにはいかないと思いますが、井村監督の様に選手の「心の才能」を伸ばし、結果が出るように、私自身が努力していこうと思いました。19年間も長い間、バスケットボールを続け、(いつか指導者になりたいな…)と思っていたことが現実になった今、次の目標に向け、指導者として選手とともに、日々1ミリでも進んでいけるようにしたいです。

 

壁にぶつかった時や何かに迷ったときは、「心の才能」を伸ばせる時だと思います。その時にこの本を読んでみると、自分と置き換えられる言葉があるかもしれません。「心のスイッチ」を入れたい時などに、是非、読んでみてください。

2017年5月26日金曜日

【TORCH Vol.094】 限界的トレーニング

黒澤 尚
 
 
 超一流になるのは、「才能」だと思う?「努力」だと思う?
 
 そんな質問を投げかけると彼女達の多くは、心の奥底では才能と言いたい気持ちを抑えながら「努力」と答えてくれた。彼女達の中には潔く「才能」と即答した者もいた。
 これは私が大学日本女子代表チームのコーチをしている時、あるミーティングでの選手とのやりとりである。 

 なぜ、どんな分野にも驚くほど優れた人というのが存在するのだろうか。
 
 スポーツ、音楽、科学、医療、ビジネスなど、どこにでもその才能で周囲を圧倒するひとにぎりの傑出した人たちが必ずいる。そんな優れた人に出会うと、当然ながら私達凡人は、生まれつき人並以上の何かを持っていると考える。「彼は才能に恵まれている」、「彼女には本物の才能がある」というように。
 
 だが、本当にそうだろうか。世の中にはスポーツ選手、医者、教師、営業マンなどそれぞれの分野でエキスパートとして突出した成果をあげる特別な人が存在している。しかし、こういう人たちには特別な「才能」があることは間違いないが、むしろそれよりはるかに強力であること、そして何より重要なのはこの才能はあらゆる人に生まれつき備わっていて、適切な方法によって引き出せるものであることが心理学的研究や事例から少しずつ明らかになってきた。
 
 今回、紹介するフロリダ州立大学心理学部教授アンダース・エリクソン著『超一流になるのは才能か努力か?』という本には、その適切な方法によって素晴らしい才能を引き出した様々な研究成果と事例がまとめられている。
 
 この本にまとめられている、ある事例を紹介する。
 
 音楽界で神童・モーツアルトが持っていた絶対音感は、ある人だけが持つ特別な才能と考えられていた。しかし、心理学者の榊原彩子は、二歳から六歳までの子ども二十四人を集め、ピアノで演奏される和音(コード)を音だけで聞き分けられるようにするため、数か月に渡ってあるトレーニングを実施したところ、全員が絶対音感を身に付け、ピアノで演奏される個別の音符を正確に識別できるようになっていた。
 
 七ケタの数字を覚えるのが限界であったごく平凡な記憶力しかない学生がいた。しかし、彼は心理学者と共にあるトレーニングを繰り返し行ったところ、最終的に八十二ケタも記憶することができた。
 
 上記に記した適切な方法、あるトレーニングのことを「限界的トレーニング」と言う。限界的トレーニングとは、その人の限界を少し超える負荷を与えることであり、人間の脳と身体にもともと備わっていた適応性を活かし、新たな能力を生み出していくものである。
 
 私達大学教員は日々、教育現場に立ち、様々な視点からその学生に適した教育・指導を試み模索しているが、その分野において才能がある、ないと一言で片づけてしまうことも少なくない。この本にはそんな考え方を払拭し、教育、スポーツチーム・選手の指導、仕事、子育てなど様々な分野に応用できる数多くのヒントが隠されている。また、自分をブラッシュアップしたいと考えている方にぜひ読んでいただきたいお勧めの本である。

 私達大人がそれぞれの分野において工夫された限界的トレーニングを実践し、今、目の前にいる人の人生の可能性を切り拓く一助となればこれは大変素晴らしいことだろう。

2017年5月16日火曜日

【TORCH Vol.093】 スポーツの美しさ


                                         高橋 徹


 去る8月、熱狂と感動とともにリオデジャネイロ・オリンピックが閉会しました。今大会も日本人選手の活躍には目覚ましいものがあり、毎日眠い目を擦りながら、夜遅く(朝早く?)までテレビにくぎ付けになった方も多かったのではないかと思います。 

 さて、今回のオリンピックでのアスリートのプレーの数々を皆さんはどの様な観点で観ていたでしょうか?金メダルを目指して勝ち負けを競い合う様子に一喜一憂したでしょうか?一人ひとりの選手が背負うヒューマンヒストリーに感動したでしょうか?競技の専門家としてトップアスリートのプレーを分析していたでしょうか?知人や友人が出場していたためにまるで家族のように応援していたでしょうか?‥など。アスリートのプレーを観るという行為には人それぞれに多様な形があります。そのようなスポーツの観方の一つとして、アスリートのプレーの中に“美しさ”を見出すという変わった観方があります。 

 内村航平選手の鉄棒演技の着地の瞬間、男子陸上4×100mリレーのアンダーハンドパスの淀み無い繋がり、錦織圭選手のラリーの攻防後のドロップショットによる空間の静寂、柔道選手が一本勝ちを収める瞬間の技の繰り出し、今回のオリンピックにおいても沢山の美しいプレーを目にすることが出来ました。また、オリンピックに限らず、日頃テレビで目にするスポーツの中にもその美しさは存在します。野球選手が守備で見せる二遊間の球捌き、フットボールチームが見せる幾何学模様を描くかの如くのパス回し、あるいはイチロー選手がプレー中に見せる(魅せる)一連の所作、横綱が見せる立合いの所作など、枚挙に暇が無いほどに、スポーツにおける“美しさ”に私たちは魅了されているのです。

 今回ご紹介する長田弘編『中井正一評論集』に収められた数編のエッセーは、そのようなスポーツにおける“美しさ”の構造を見事に解明して見せてくれます。この本は美学者である中井正一の18編のエッセーが収められた一冊であり、その中でも特に『スポーツ気分の構造』『スポーツの美的要素』『リズムの構造』『美学入門』の4編には、スポーツにおける“美しさ”の様相が書き記されています。中井自身は明治の生まれであり、またその文章の多くが脱稿されたのも戦前(昭和初期)ということもあって、表現などに若干の古めかしさは感じられますが、現代を生きる私たちにとってはその文体のおかげでより深く文章に惹きつけられる気さえします。さて、『美学入門』の一節を紹介しましょう。 

ボートのフォームなどは、あの八人のスライディングの近代機械のような、艇の構造に、八人の肉体が、溶け込んで、しかも、八人が同時に感じる調和、ハーモニー、「いき」があったこころもちが、わかってこないと「型」がわかったとはいえないのである。しかも、それがわかった時は、水の中に溶け込んだような、忘れようもない美しいこころもちなのである。よく「水ごころ」とか「ゲフュール」などど、ボートマンがその恍惚とした我を忘れるこころもちを呼んで楽しむのである。それはまた他の人が見ても、近代的な、美しいフォームなのである。この気分が八人の乗りてに一様に流れてくる時、ひとりでにフォームは揃ってき、ゆるがすことのできぬもの、一つの鉄のような、法則にまで、それは高まってくるのである。 

 私はボート競技をしたことがありませんし、湖で漕ぐレジャーボートに乗った経験がある程度です。しかし、この文章を読むことで、先日のオリンピックでも行われていたボート競技の選手たちの心持や、その競技を観て素人である私であっても美しさを感じることのできた理由が少しは理解できるような気がします。

 スポーツを観ていると、とかく勝ち負けという結果にのみ目が行きがちになってしまいますが、勝か負に至るまでのプレーの中にもスポーツを観る面白さが潜んでいるのかもしれません。スポーツのプレーに“美しさ”を感じたことのある方はもちろん、そんな事を気にしたことがない方にとっても、この本はお勧めの一冊です。 

長田弘編『中井正一評論集』岩波文庫(青帯)

※『美学入門』はそれだけで一冊で上梓され、中井正一著『美学入門』朝日選書 としても出版されていますが、『中井正一評論集』の方が安価、且つ他の作品も併せて読めるのでお勧めです。

2017年3月29日水曜日

リレーエッセイ(Torch)の書燈掲載年月対比表(Vol. 1-92)


リレーエッセイ(Torch)の書燈掲載年月対比表(Vol. 1-92)
 

3 2017 (2) Vol.91~92

11 2016 (1) Vol.90

10 2016 (3) Vol.87~89

6 2016 (1) Vol.86

4 2016 (4) Vol.82~85

2 2016 (2) Vol.80~81

12 2015 (6)Vol.74~79

10 2015 (2)Vol.72~73

5 2015 (3)Vol.69~71

4 2015 (2)Vol.67~68

3 2015 (2)Vol.65~66

2 2015 (2)Vol.63~64

12 2014 (1)Vol.62

9 2014 (2)Vol. 60~61

7 2014 (4)Vol.56~59

6 2014 (4)Vol.52~55

3 2014 (11)Vol.41~51

12 2013 (7)Vol.34~40

10 2013 (5)Vol.29~33

8 2013 (3) Vol.26~28

7 2013 (5) Vol.21~25

6 2013 (3)Vol.18~20

5 2013 (2)Vol.16~17

4 2013 (1)Vol.15

3 2013 (4)Vol.11~14

2 2013 (4)Vol.7~10

12013 (3)Vol.4~6

122012 (3)Vol.1~3

 

 

 

 

2017年3月15日水曜日

【TORCH Vol.092】 古典的名著に触れる楽しさ

                                                                   久能 和夫


Ⅰ 「プラトン全集9 ゴルギアス メノン」 藤沢令夫訳 岩波書店
       1974年11月5日発行
Ⅱ 「メノン」  プラトン著 藤沢令夫訳 岩波文庫
     1994年10月17日発行 
 
Ⅲ 「メノン-徳(アレテー)について」 プラトン著 渡辺邦夫訳 
        光文社古典新訳  2012年2月20日発行 


 
 古典的名著と言われる書物を読むおもしろさは2通りあるのではないかと思っている。一つは,原文(と言っても,私の場合は日本語訳された文章であるが)そのものを自分好みで読み通していくこと。もう一つは作品に付けられている訳者による丁寧な「脚注・解説」文を参照しながら読んでいくおもしろさ。因みに,Ⅱ藤沢訳とⅢ渡辺訳の文庫本で比較してみると,Ⅱは本文138頁に対して解説部分は45頁。Ⅲに到っては本文134頁に対して解説部分は何と110頁にもなっている。
 プラトンが残してくれた数々の対話篇は,後者の訳者解説に導かれながら読み進めていく楽しさを与えてくれる作品の数々である。
 プラトンが残した30余りの対話篇。どの作品にも難解な哲学用語が使われておらず,読み易い文章である。しかし,それは表記上のことであって,対話篇全体に流れている「哲学的問い」は,21世紀の現代においても私たちを魅了し続ける内容に満ち溢れている。
 
 道徳教育論の講義の中で「徳について」を考えさせるために,プラトンの「メノン」を取り上げた。講義後に学生が提出した感想の中で「矛盾している」という言葉が目を引いた。「有るもの『徳とは何かという答え』を求めているのに,『それは無いのだ』と返されることは矛盾している」という内容であった。
 学生が指摘してきた「矛盾している」は,まさに当を得ている。何故ならば,問いを発したならば「解」があると捉えるのが学びとしてのセオリーである。授業の中で示された哲学の名著の中で問われている「徳とは何か」という命題に対して,ある意味において崇高なる古典的「解(定義)」を期待するのは当然の帰結であろうと言うことである。
 
 「メノン」は,プラトン哲学の入門書とも言われ,また哲学とはどういうものなのかについて考える最良の一冊でもあると言われている。'the gem’とイギリスの哲学者J.S.ミルに評されたこの作品はプラトンの著作の中で,もっとも読み易い部類に属する。
 「メノン」はプラトンの「初期~中期」への移行期の作品と言われている。初期の作品は,ソクラテスの対話を再現することに重点が置かれていた。移行期のこの作品で,プラトンはソクラテスの問いをメノンの問いに対比させることにより,それまでの単なる再現からもう一歩踏み込んだプラトン自身のソクラテスに対する想いが伝わってくる。
 私と「メノン」の出会いは,大学3年の秋であった。明確に記憶している理由は単純で,Ⅰに掲げた「プラトン全集第9巻」を入手したからである。大学生ならば哲学のひとつぐらいは語れなければならないだろうという気持ちで購入していた「プラトン全集」。数ある対話篇の中で,「メノン」に強く心を引かれた。それは,二十歳前後の若者(メノン)が老哲学者(ソクラテス)に果敢に論戦を挑む構図が心地よく,その展開に引き込まれていったのだろうと今振り返ってみると感じられる。
 
 「メノン」の冒頭部分。他の対話篇と比べてもかなり刺激的な入り方である。二十歳の若者がいきなり,六十歳を過ぎたソクラテスに唐突な質問をぶつけるところから始まる。
 藤沢訳では,次のように表現されている。
こういう問題に,あなたは答えられますか,ソクラテス。  人間の徳性というものは,はたしてひとに教えることのできるものであるか。それとも,それは教えられることはできずに,訓練によって身につけられるものであるか。それともまた,訓練しても学んでも得られるものではなくて,人間に徳がそなわるのは,生まれつきの素質,ないしはほかの何らかの仕方によるものなのか…」。
 私が初めて読んだのは藤沢訳であった。自分自身の年齢と重ねてストレートな物言いをするメノンに対する憧憬が強い引きつけとなって作用したのだろうと思う。
 藤沢訳が出されてから約40年近くを経て出された渡辺訳は全体のトーンが優しくなっている感をもった。藤沢訳との比較のために冒頭部分を示してみる。
「ソクラテス,あなたにおたずねします。お答えください。徳(アレテー)は教えられるものでしょうか?それとも訓練によって身につくものでしょうか?それとも徳(アレテー)は,訓練によって身につくものでも学ぶことのできるものでもなくて,生まれつきか,何かまた他のしかたで人々に備わっているものなのでしょうか?」
 
 J.S.ミルをして 'the gem’と評された「メノン」。二人の訳者はそれぞれ「珠玉の短篇」(藤沢),「宝石」(渡辺)と表現している。40年近い年月は,訳本が世に出された時代背景の違いだけでなく,読み手の「古典」に対する受け止め方も大きく変化させてきている。古典だけでなく,本離れ,活字離れも顕著になってきている現代において,古典的名著のもつ価値について,池澤夏樹氏は「知の仕事術」の中で,古典との付き合いを次のように述べている。
「古典を読むのは,知的労力の投資だ。最初はずっと持ち出し。苦労ばかりで楽しみは未 だ遠い。しかし,たいていの場合,この投資は実を結ぶ。つまり,たくさんの人が試み てうまくいったと保証されたものが古典と呼ばれるのだ。それはつまり,年齢と共に読 む力も伸びるということだ。世間知が増すにつれてあるいは人生の苦労を重ねた分だけ, 本の内容の理解も深まる。」
 
道徳教育論の授業での中で,「矛盾している」と声を発してくれた学生が,将来,珠玉の作品の中で語られている「探究のパラドックス(メノンのパラドックス)」に改めて出会う日が来ることを楽しみにしている。
 



 

【TORCH Vol.091】Strength Through Knowledge


                                               Jerry Parangi                                                
 


Before starting, I must give some insight into my past, so that you can understand why the book “Ka Whawhai Tonu Matou Struggle Without End,” by Dr. Ranginui Walker, had a profound influence on my life.
Kia ora (hello), my name is Jerry Parangi. I am Maori. I was raised in a Maori family with 3 brothers and 1 sister. We grew up in a poor coastal village with a small population of about 100 people, and everyone was related. We were also able to live off the sea and land. Having so many cousins next door was great! We always played outside using the trees for climbing and the sea for swimming. It was paradise and this was our Maori world. A lot of our learning as children came from our parents, but I was lucky to be raised with my grandparents. This was a very traditional practice where Maori culture was transmitted from our elders. I was exposed to Maori language and protocols; however I would soon learn that my Maori world view was not a universal view. 

My parents decided I should attend a separate elementary school to my cousins, so I was educated in a neighboring town. Maori were a minority group there, and the dominant culture was “pakeha,” (a person of predominantly European decent). (A Dictionary of the Maori Language, H.W.Williams, 1985). There was a huge cultural mismatch at school. Students sat on desks, and teachers touched our heads. These are considered culturally insensitive to Maori, and I always felt “out of place.” I remember my mother told me that they were physically beaten for speaking Maori at school. Institutionalized racism towards Maori back then and negative portrayal of Maori in the media, attributed to a stigma/shame for many of us in identifying as being Maori. 
 

In high school, our Maori cultural group seemed to be marginalized and “token,” only used on certain occasions. The Maori group was perceived as “uncool,” by some “Pakeha,” but more surprisingly many Maori felt the same. These negative perceptions affected our Maori group membership. It was frustrating that many felt this way, but I was determined to maintain my culture. 

After many years of struggling for Maori to be more respected in school, I decided to move. In my final year at high school, I attended a private Maori boarding school, located 400 km away from my hometown. The school had a strong emphasis on Maori culture and encouraged a Maori world view. This was one of the most challenging experiences that I had, but the sacrifice was worth it. I learnt so much about Maori culture and became a leader within our family. 
After graduating from high school, I studied a Diploma in Teaching at Auckland College of Education and a Bachelor of Education with a major in Child Psychology, a minor in Social Anthropology and Maori at Auckland University. It was impressive to meet many proud Maori, actively engaged there. 

At Auckland University, the most profound influence for me came when attending Dr. Ranginui Walkers’ lectures in my 1st year of studying Maori. The prescribed text was “Ka Whawhai Tonu Matou” Struggle Without End, by Dr. Ranginui Walker. A book that talked about pre-European contact of Maori through to early Maori contact with Europeans, colonization, implications of the British interventions and the progression of post-colonialism to the present day. 
The title of the book is the based on the famous proverb by the great chief Rewi Maniapoto, who was fighting against the New Zealand government troops in 1864, when called upon to surrender uttered the words, “ka Whawhai tonu matou ake ake ake,” meaning we will fight on forever. (Manuka Henare. 'Maniapoto, Rewi Manga', from the Dictionary of New Zealand Biography. Te Ara - the Encyclopedia of New Zealand, updated 30-Oct-2012).  

Struggle Without End,” gave me the knowledge to understand in depth Maori history and culture and the implications between Maori and Pakeha cultural world views. I gained confidence from the stories of struggle of our old people and the sacrifices made for future generations. I was able to process different world views in contrast to Maori. I found a new strength through this knowledge. I am confident and comfortable being Maori, and hope to teach as much about my culture while learning about other cultures too.  
References

Manuka Henare (2012) 'Maniapoto, Rewi Manga', from the Dictionary of New Zealand Biography. Te Ara - the Encyclopedia of New Zealand, updated

H.W.Williams (1985) A Dictionary of the Maori Language, 7th Ed, P.D HASSELBURG, GOVERNMENT PRINTER, WELLINGTON, NEW ZEALAND